個人年金保険に加入した方が良い人とは

個人年金保険に加入した方が良い人としては老後の生活資金が公的年金の受給や預貯金だけでは不安な人が当てはまるといえます。公的年金の受給以外にも十分な預貯金がある人であれば、公的年金で足りない分は預貯金を切り崩して生活することが可能ですが、十分な預貯金が無い人の場合は老後の生活資金に困る可能性があるといえます。個人年金保険の場合は公的年金の制度とは違い、自分で積み立てる保険料や受け取る年金の金額や年金の受け取り開始年齢などを契約時に設定することができるので、計画的な老後の生活資金の準備をすることができます。年金の受け取り期間も一定の年数の間だけ年金を受け取れる有期年金や、生きている限り一生涯年金を受け取れる終身年金などがあります。どちらも保障期間のついた商品も販売されており、万が一年金の受け取り期間中に亡くなった場合でも、保障期間の分は遺族が年金を受け取ることができます。現在の日本は高齢化社会がすすんでおり、老後の人生が長くなっているので生活費や医療費などで老後にお金がかかる場合が多くなってきています。公的年金の支給額や預貯金だけでは老後の生活費に不安がある人は、個人年金保険に加入して老後の生活資金を準備しておくと良いといえます。